ビール工場

~明石地ビールができるまで~

おいしい地ビールができるまでの行程をわかりやすくご説明します。

1.糖化

・糖化兼煮沸釜[写真1]で、お湯に麦芽を加えます。

・麦芽が持つ酵素の働きで麦芽中のデンプンが糖に変わります。

2.ろ過 

・糖化した1の液をロイターという麦汁ろ過機[写真2]で「ろ過」します。

・麦芽の殻や不溶性物質などを取り除き透明な麦汁をつくります。

3.煮沸

・麦汁にホップを加え、糖化兼煮沸釜[写真1]で煮沸します。

・ホップの苦味と香りが引き出されビール特有の風味が生まれます。

4.ホップ粕除去

・ワールプール[写真3]というタンクでホップ粕を取り除きます。

5.麦汁冷却

・透明な麦汁を麦汁冷却器[写真4]で冷却します。

・ビール酵母が活動できる温度になります。

6.発酵

・冷却した麦汁に酵母を加え、発酵させます。[写真5]

・酵母が麦汁中の糖分をアルコールと炭酸ガスに分解し、「若ビール」ができます。

7.貯蔵

・「若ビール」を約0度で数週間貯蔵すると、熟成されたまろやかな明石ビールに仕上がります。

以上、明石ブルワリー ビール工場、明石地ビールができるまでの製造工程を簡単にご説明いたしました。その他何かご不明な点がございましたら、現地スタッフにお気軽にご質問ください。

315

明石ブルワリー工場入口

明石ビール潜入取材

[写真1]糖化兼煮沸釜

[写真2]麦汁ろ過機

[写真3]ワールプール

[写真4]麦汁冷却器

[写真5-1]貯蔵タンク

[写真5-2]貯蔵タンク

カテゴリーアーカイブ