明石城と夕陽

明石城は、明石駅(JR・山陽電鉄)の北部に隣接する兵庫県立明石公園内にあり、日本100名城に選定されています。
1619(元和5)年、信濃松本藩主より明石藩主となった小笠原忠真により築城されましたが天守台のみで天守は築かれませんでした。詳しい理由は分かっていません。
巽櫓(たつみやぐら)・坤櫓(ひつじさるやぐら)は日本に12基しか現存していない三重櫓(さんじゅうやぐら)で、国の重要文化財に指定されています。
2019年には「明石城築城400周年記念事業」が実施されました。
明石公園、明石城ともに入場料は無料です。春には桜が満開で明石城をバックにインスタ映え間違えなし。公園内でお弁当を広げるのもよし、剛ノ池でボートを漕ぐのもよし、ここを起点に天文科学館や魚の棚商店街まで足を延ばすのもよし。
明石城まつりを始め、さくらまつり、ライトアップ、ライブなど、1年を通して様々なイベントが催されており、多くの市民や観光客の憩いの場として親しまれています。

住所:〒643-0877 明石市明石公園1-27
有料駐車場:南駐車場 366台、北駐車場 134台

写真提供:一般社団法人明石観

16
カテゴリーアーカイブ